スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メガギャラドススタンダード*オーロット添え

サンムーン最初の記事です(ノ^^)ノ
最高レート2022、最終レート1900前半の構築です。
2100乗せたかった…

 S__12230659.jpg



  trainercard-haruppenyan.png

【構築作成の経緯】
  1. 今の環境オーロットめっちゃ刺さってない!?とりあえず軸にしてしてみる。
  2. ステロ撒きたいからとりあえず持ってたマンムー。
  3. ステロ+オーロットで場を荒らした後に全抜きできるポケモンがいたら強そうだったのでメガギャラドス。
  4. 厳選したので使いたかったカプ・コケコとカプ・テテフを入れてみる。
  5. ポリゴン2とカプ・テテフが重そうだったのでどくみがギルガルドを入れて完成!

【基本選出】

473.png 709.png 130m.png
マンムーでステロ吠える→オーロットで相手の3匹を削る→メガギャラドスで舞って全抜き


個別解説


■ギャラドス@ギャラドスナイト
 gyarados-mega.gif
特性威嚇 → 型破り
性格ようき
メガシンカ前実数値171-176-100-*-121-146
メガシンカ後実数値171-206-130-*-151-146
努力値4-244-4-0-4-252
技構成噛み砕く/地震/氷の牙/竜の舞

  • ほぼASぶっぱ
  • ステータス効率を考慮してAを1削ってBDに

パルシェンやメタグロス、その他水タイプに打点を確保できる噛み砕くを採用。
滝登りが欲しくなるのは、怯ませたい時くらいなので不要と判断しました。



■ギルガルド@食べ残し
  aegislash.gif
特性バトルスイッチ
性格ひかえめ
実数値161-*-171-82-172-112
努力値204-0-4-36-12-252
技構成シャドーボール/どくどく/身代わり/キングシールド

  • 準速
  • HP16n+1
  • ダウンロード対策
  • 残りC

ステータス効率を考慮するとCを11nまで振りたかったが、ギルガルドミラーに勝てないと困る場面が多い気がしたので、準速まで振り切った。
ポリゴン2やカプ・テテフが相手のパーティにいる場合に選出する。
オーロット合わせて無理矢理くるくる回す動きが意外と強い。



■カプ・コケコ@デンキZ
  tapukoko.gif
特性エレキメイカー
性格おくびょう
実数値145-*-105-147-95-200
努力値0-0-0-252-4-252
技構成10万ボルト/ボルトチェンジ/
マジカルシャイン/くさむすび

  • CSぶっぱ

ごり押しが効くデンキZはとても便利でした。
くさむすびで無振りのマンムーは中乱数1発。ステロと合わせることで、コケコの一貫をマンムーでしか切れていない相手にとことん刺さる。たま〜〜〜に見るドサイドン先生もついでに飛ぶ。



■カプ・テテフ@こだわり眼鏡
  tapulele.gif
特性サイコメイカー
性格おくびょう
実数値145-*-95-182-135-161
努力値0-0-4-252-0-252
技構成サイコキネイス/ムーンフォース/
シャドーボール/10万ボルト

  • CSぶっぱ

眼鏡+サイコフィールド下のサイコキネシスでポリゴン2も無理矢理倒す。
この枠のせいでミミッキュがひたすら重くなているので要検討。
選出率も低い。出せるときは強い。



■オーロット@オボンのみ
 trevenant.gif
特性収穫
性格ずぶとい
実数値192-*-132-*-102-85
努力値252-0-188-0-0-68
技構成やどりぎのタネ/呪い/身代わり/守る

  • Hぶっぱ,4n
  • B11n
  • 残りS(60族周辺を抜ける程度)

主役。現環境に最も刺さっていると思ったポケモン。
自分以外で使っている人を一度も見かけなかったこともあり、使っていてとても楽しかったです。
あった方がいいことは間違いないけど、ステロがなくても普通に強い。
認知度もXYの頃と比べ大きく落ちたようで、呪いを考慮しない立ち回りをしてくる相手も多かったです。


オーロットのここが強い
  • 環境に音技を使えるポケモンがほとんどいない。
  • 環境にはたき落とすを使えるポケモンがほとんどいない。
    (ベトベトンくらい。先に身代わりを置いておけば勝てる。)
  • 炎タイプの強力なポケモンが少ない
  • 挑発の使用率低下。
  • 状態異常技の使用率低下。
  • ガブリアス、カプ・コケコ、ガルーラに後出しからでも割と勝てる。
  • 呪いでオニゴーリやイーブイバトンを許さない。
  • TODが(ほぼ)なくなった。
当然ながら挑発されたら何もできなくなるのでよく考えて動かしましょう。



■マンムー@きあいのタスキ
 mamoswine-f.gif
特性鈍感
性格ようき
実数値185-182-101-*-80-145
努力値0-252-4-*-0-252
技構成地震/氷の礫/吠える/ステルスロック

  • ASぶっぱ


起点にされて負ける場面が多かったので、吠えるを採用したら思いの外便利でした。
つららばりがなくて困る場面も割と少なく感じます。
マンムー自身が相手のパーティに刺さっていなくても、ステロを撒けば裏2匹で詰めていけると判断した場合は積極的に先発から出していきます。
鈍感で相手の挑発を無視できるのが稀に役立つ。



苦手なポケモンや並びは主に以下の通り
  • パルシェン
  • ポリゴンZ
  • ギャラドス
  • ギルガルド、カプ・テテフが出しづらく、なおかつ舞ったギャラドスを止めることができるポケモンがいるパーティ(ゲン、カグヤ、ポリ2、バルジ@2みたいな)
  • ミミッキュ
    →特にギャラドスの通りが悪くミミッキュが入っているパーティにはほぼ勝てない。


シーズン1は反省点も多く、悔しい結果に終わりました。
対戦自体あまりできていなかったので、シーズン2では対戦回数400以上を目標にしていきます!(`・ω・´)
あと毎回ながらパーティの組み方がやたら雑なのでもう少し考えて組みたいです(๑´╹‸╹`๑)


書き足りていない部分や誤字などが見つかれば随時書き足していきます。
意見や質問があればコメントやツイッターから是非どうぞ!✘╹◡╹✘


【次回予告】
やっぱり好きなポケモンで勝ちたい…
 445m.png 448m.png 555.png
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。