スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クレッフィゲンガー+バンギラスパルシェン

はい!前回紹介したパーティの詳細を公開したいと思います。
どう見ても穴だらけなはずなのに、何故か第124回九尾杯ベストを16まで勝ち上がれてしまった謎のパーティ。
威張ると怯みは最強ってワケなのかもですね( ˘ω˘ )=3
簡単にまとめるとクレッフィ、ゲンガー、バンギラス、パルシェン の4体を軸にしてそこに保管でバシャーモとサンダーを入れた感じになります。
バシャーモやエルフーンや格闘技を持ったボルトロスを舐めきってます^^;

klefki.gif gengar (1) tyranitar.gif  cloyster.gif  blaziken.gif zapdos.gif



個別解説からです。


 klefki.gif
■クレッフィ@食べ残し
特性:いたずら心
性格:ずぶとい
個体値:31-*-31-*-31-31
実数値:161-*-139-100-122-100
努力値:228-0-124-0-116-36
技構成:イカサマ/威張る/電磁波/身代わり

H:16+1
B:HP75%+食べ残しの回復で意地っ張りメガガルーラの2段階UP地震の2発目を耐える
(身代わりを盾に後出しガルーラに無理やり威張れる)
D:ニンフィアの控えめ眼鏡ハイパーボイスを食べ残し込みで2耐え
S:(たぶん)よくいるクレッフィ+1

このパーティの主役。威張って身代わりを置いてたら勝手に相手が落ちていく、そんなポケモン。
ほとんどの特殊ポケモンはこいつの起点。"自覚の差"を見せつけてやりましょう。
電磁波と威張るを撒いて行動できる確率が50%を切った相手のポケモンを無理矢理バンギパルの起点して全抜きすることも出来たりするとか。
ちなみに僕のクレッフィは、九尾杯予選4戦目で初手の相手の水ロトムに何もさせずにかつ身代わりを張りながら倒すくらいにはできるやつです✧*。ヾ(๑>◡<๑)ノ゙✧*。


 gengar (1)
■ゲンガー@黒いヘドロ
特性:浮遊
性格:おくびょう
個体値:31-*-31-31-31-31
実数値:161-*-91-150-95-173
努力値:204-0-84-0-0-220
技構成:ヘドロばくだん/シャドーボール/おにび/みがわり

H:16n+1調整
B:いじっぱりガブのげきりんを高乱数(約70%)耐え
S:最速105族+1

このブログ4度目の登場、もう6世代の相棒と言ってもいいかもしれない。
クレッフィが呼び込むガブリアスやガルーラに後出しして鬼火を撒くのが仕事。
ガブリアスに逆鱗を撃たせてクレッフィの起点にするという芸当もこなしてみせる。
なんだかんだで毎回使ってるだけあってめっちゃ強い。
メガゲン、タスキゲンはマイオナ(断言)


 tyranitar-mega.gif
■バンギラス@バンギラスナイト
特性:すなおこし
性格:ようき
個体値:31-31-31-*-31-31
実数値:205-157-130-*-120-124
メガシンカ後の実数値:205-186-170-103-140-135
努力値:236-20-0-0-0-252
技構成:ストーンエッジ/地震/身代わり/竜の舞

H:4n+1
身代わり後のHPでA200ガブリアスの地震を高乱数耐え、身代わり後のHPでA200ハッサムの鉢巻バレットパンチを確定耐え
S:最速
A:残り

起点を作れれば強いポケモンその①
最近流行ってると噂の身代わり竜舞メガバンギラス。
ただこのパーティはガブリアスを誘いまくるで、身代わりよりも冷凍パンチの方が合ってるかもしれない。


 cloyster.gif
■パルシェン@王者の印
特性:スキルリンク
性格:いじっぱり
個体値:31-31-31-*-31-31
実数値:143-149-201-*-67-114
努力値:140-164-4-*-12-188
技構成:つららばり/ロックブラスト/氷の礫/殻を破る

起点を作れれば強いポケモンその②
配分はとある有名強者の方から丸パクリしたもの。
バンギが起点に出来ない物理ポケモンをパルが起点に、パルが起点に出来ない特殊ポケモンをバンギが起点できるため、バンギパルで積みサイクル的な立ち回りが可能…な時もある。
珠で確定数をズラすくらいなら印で全て怯ませてしまえばいいというのが持論です。


 blaziken.gif
■バシャーモ@命の珠
特性:かそく
性格:いじっぱり
個体値:31-31-31-*-31-31
実数値:155-189-91-*-90-132
努力値:0-252-4-0-0-252
技構成:フレアドライブ/飛び膝蹴り/バトンタッチ/守る

よくいるASぶっぱの珠バシャーモ。
上4匹だとヒードラン、ハッサム、ナットレイなどの鋼ポケモンに弱すぎるのでとりあえず突っ込んでみたら意外と活躍してくれた。
パーティが全体的にマリルリに薄いので九尾杯終了後、バトンタッチは鬼火に変わりました。

zapdos.gif
■サンダー@オボンの実
特性:プレッシャー
性格:おくびょう
個体値:31-*-30-31-31-31
実数値:197-*-133-146-110-136
努力値:252-0-224-4-0-28
技構成:ボルトチェンジ/熱風/めざめるパワー氷/羽休め

H:ぶっぱ
S:最速メガバンギラス抜き
B:残り
C:端数

適当な配分のサンダーです。バシャーモのお供としてそこそこ選出します。
使いやすいけど火力はない。羽休めを抜いて10万ボルトに変えた方が使いやすそうに感じました。
あとSは最速ヒードランまで抜いておくべきだったかも…?




個別解説は以上となります。

書き足りていない部分や誤字などが見つかれば、随時書き足していきます。
意見や質問があればコメントやツイッターから是非どうぞ!✘╹◡╹✘
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。