スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第10回北大阪オフレポ

248_0.gif448_0.gif094_0.gif472_0.gif115_0.giftalonflame.gif


第10回北大阪オフの簡単なレポートになります。
使用したパーティの詳細はこちら

XYから技選択に制限時間が設けられている関係で、メモを取れていない対戦が多数あるのでそこらへんは雑になっていたり、一部間違っているかもしれないです()


予選

■1戦目 VSカンバッヂさん:○
相手:ドサイドン/ゲンガー/ガブリアス(/フシギバナ/ハッサム/ヤドラン)
自分:グライオン/バンギラス/ルカリオ

相手は初手にガブリアスかドサイドンを出してくると思ったため、こちらの先発はグライオン。
また、グライオンだけだと相手のゲンガーがどうしようもないのでバンギラス。
最後に積めば全抜きできそうで、メガシンカ後なら相手のどのポケモンよりも速く動き上から叩くことができるルカリオを選出しました。

読みは当たって相手の初手はドサイドンでした。
ただ、後ろに控えているであろうゲンガーを出されると、グライオンは手も足も出ないので1ターン目から勇気のゲンガー交代読み交代でバンギラスにチェンジ(後から考えたら危険すぎる読みだったと思います)。
ここでも読みは当たって相手のゲンガーを釣り出すことに成功。
相手のゲンガーは鬼火や身代わりを挟んだ後にドサイドンに引いてこちらのバンギラスを処理。
こちらはルカリオを出しメガシンカからのラスターカノンでドサイドンを突破。
その後こちらのメガルカリオとグライオン、相手のガブリアスと削れたゲンガーで(こちらにとってだいぶ分の良い)サイクル戦になりましたが、メガルカリオの一貫性を作って勝ちました。


■2戦目 VSキリサさん:×
相手:ヤドラン/ヌメルゴン(/ルカリオ/ファイアロー/エレザード/マンムー)
自分:ファイアロー/ルカリオ/ゲンガー

選出の意図が思い出せん() 確か時間がなくて雑に選出したのは覚えているのですが、今となっては何故この3匹を選んだのかよくわからないです。
初手のファイアローは、相手がルカリオかヌメルゴンを出してくると考えたからだったはずです。

こちらの先発はファイアロー、相手はヤドラン。
最悪の対面ですし、引っ込めたいところではありましたが後ろの2体を消耗させたくなかったのでこちらはファイアローの鉢巻ブレバでゴリ押し(急所)。返しの熱湯で落とされます。
ルカリオを投げてメガシンカしつつヤドランを悪の波動で落としにかかりますが、相手はヌメルゴンにチェンジ。
このヌメルゴン、食べ残し持ちで 竜の波動/火炎放射/眠る/ねごと という技構成だったのですが、こいつをルカリオとゲンガーでは突破することができずに負け。0-3で完封されてしまいました。


■3戦目 VSびーんさん:○
相手:ハッサム/ギャラドス/バンギラス(/リザードン/ガブリアス/ギルガルド)
自分:ガルーラ/ゲンガー/グライオン

初手にリザードンを出されると非常にまずいので、猫だましを入れつつ同速で殴り合え、また他のポケモンとも5分以上の戦いができそうなガルーラを初手に置きました。
相手のパーティ全体的に鬼火がかなり一貫していて、それが効かないギルガルドには上から弱点をつける、リザードンも上から1発入れられるということで2匹目にはゲンガーを選択。
最後にリザY以外にはかなり刺さっているグライオンを選択しました。

初手の対面、こちらガルーラに対して相手はハッサム。
素直に地震を打つと相手はギャラドスにチェンジして地震を避けつつ威嚇を入れてきます。
ここで交換してくるあたりメガシンカ竜舞型はではないかと思い、鬼火を当てるためガルーラをゲンガーに交代すると相手は電磁波。
次のターン、ギャラドスの滝登りで一度怯まされましたが、ヘドロ込みでギリギリ2回目の滝登りを耐えて、相手に鬼火を入れてゲンガーは退場(ここでゲンガ-の耐久を厚く振ったことが生きました)。鬼火が入っているので、みがまも連打だけで突破できるグライオンをこちらは出します。
相手が挑発を打ってきたので、ガルーラに引っ込め削れたギャラをおんがえしで処理。
ここでガルーラに1回ゴツメダメが入ります。
相手がハッサムを投げてきたので、再びグライオンにチェンジ。
鉢巻バレットを連打してきましたが守るを挟みながら地震を打つことでグライオンを突破。
最後に出てきたメガバンギラスもグライオンの地震連打で突破して勝ちとまりました。


■4戦目 VSプルナレフさん:○
相手:マリルリ/ガブリアス/リザードン(/ルカリオ/フシギバナ/ヒートロトム)
自分:ガルーラ/ルカリオ/ゲンガー

初手はガルーラのメガシンカからの猫だましがマリルリに入りました。
そのままおんがえしで倒そうとすると、相手はゴツゴツメットガブリアスにチェンジしてガルーラを削ってきます。
ガルーラをとって置くため、半ば捨て気味にルカリオに交代するとドラゴンダイブを当てられて5割ほど削れます。
先制技読みで引っ込んでくれないかな~と思いつつラスターカノンを打ちましたが相手は素直に地震を打ってきたのでルカリオは落ちます(ここは読んでゲンガーを出すべきだったかもしれないです)。
ゲンガーを死に出ししてガブを上から殴り撃破、さらに相手が次に出してきたマリルリにアクアジェットを貰いつつも撃破。
相手はリザードンを出しリザXにメガシンカからの竜の舞をしてきます。
全抜きされて負けるかと思ったのですが、ゲンガーのヘドロばくだんで相手のリザードンが毒状態に。
ゲンガーはリザXのドラクロで突破されますが、毒ダメージのおかげでガルーラの猫だましでリザXを何とか落とすことができて勝ち。
ゲンガーに自覚がなければ負けでした()


■5戦目 VSきのさん:×
相手:リザードン/ガブリアス(サザンドラ/ギルガルド/キノガッサ/ヤドラン)
自分:グライオン/ルカリオ/???(思い出せない)

レポート取ってなくてイマイチ思い出せません()
相手のパーティ的に初手はガルーラから入りたかったのですが、どうしてもギルガルドが怖くてこちらはグライオンを先発に。相手はリザードンを繰り出します。
引くに引けない状況なので、リザYにメガシンカしないことを祈りながらどくどく突っ張ると、相手はYにメガシンカ。
晴れオバヒ1でにグライオンは何もせずに落とされてしまいます。
その後確か、ゲンガーかガルーラを出したのですが、相手の後出しスカガブに処理されてしまいます。
逆鱗で縛られている状態のガブをメガルカリオで突破したものの、リザYを突破できずに負け。
初手はガルーラだったと深く反省しました。


■6戦目 VSかなたさん:○
相手:ヤドラン/バンギラス/ヤミラミ(/グライオン/エアームド/ハピナス)
自分:ゲンガー/ルカリオ/バンギラス

選出の意図ですが、まず相手のパーティはどう見ても受けループ。
こちらの竜舞バンギラスでヤミラミ以外との対面を作って舞ってしまえば全抜きできると判断したためバンギラスは選出確定。
次に同じく悪巧みを1回積んでしまえば、ほぼ全抜きそうなルカリオも選出確定。
そして先発に様子見しつつ場を荒らせるゲンガーを添えました。

相手の先発は(確か)ヤドラン。とりあえずシャドーボールを打つと相手はバンギラスにチェンジ。
様子見で身代わりを置くと相手はルカリオ交代読みで大文字。
ゲンガーよりも相手の方が速かったのでバンギラスの持ち物はスカーフで確定。
ゲンガーには適当に鬼火を入れて退場してもらい、竜舞バンギで相手のバンギを起点に積んでいきます。
相手はヤミラミに引っ込めてきましたが、バンギが自覚を見せて相手の鬼火をかわします。
これが決定打となりバンギで相手の3匹を全抜きして勝ち。



決勝トーナメント

■7戦目 VSあるごんさん:×
相手:ニャオニクス/バシャーモ/ガルーラ/(カイリュー/ギルガルド/ギャラドス)
自分:グライオン/ガルーラ/ゲンガー

ニャオニクスがかなり気になりましたが両刀バシャーモ以外にはだいたい刺さっているグライオンをこちらは先発に。
後ろには同じく全体的に刺さっているように見えるゲンガー、出せばある程度活躍してくれそうなガルーラを置きました。

初手はグライオンとニャオニクスの対面。
両壁を貼られてしまいましたが、身代わりを置いた状態でニャオニクスを落とします。
壁を貼られていようが、グライオンが身代わりさえ残しておけば別に何とかなるだろうと完全に舐めてました()
壁を楯に相手は弱点保険バシャーモでビルドアップを2回、身代わりを残した状態でガルーラにバトンタッチ。
A4段階UP&B2段階UP&S何段階上がったかもわからな&身代わり これをガルーラにつながれてしまいます。
勿論こんなガルーラを止める術などなく、一気に3タテされて負け;;


オフレポは以上になります。
感想、意見、質問等あればコメントやツイッターで是非!
スポンサーサイト

第10回北大阪オフ使用構築

11月23日に行われた第10回ポケモン北大阪オフで使用した構築です。
結果としては予選4-2で格闘ブロックを2位通過し決勝トーナメントに進出したものの、1戦目で敗れてベスト16に終わりました。
以下パーティの詳細になります。
248_0.gif448_0.gif094_0.gif472_0.gif115_0.giftalonflame.gif


■バンギラス@ラムのみ
ようき 175(0)-186(252)-130(0)-103(0)-121(4)-124(252)
かみくだく/ストーンエッジ/こおりのキバ/竜の舞

■ルカリオ@ルカリオナイト
おくびょう 145(0)-*(0)-90(0)-167(252)-91(4)-156(252)
努力値:0-0-0-252-4-252
波動弾/ラスターカノン/悪の波動/悪巧み

■ゲンガー@黒いヘドロ
おくびょう 161(204)-*(0)-91(84)-150(0)-95(0)-173(220)
ヘドロばくだん/シャドーボール/おにび/みがわり

■グライオン@どくどくだま
わんぱく 177(212)-115(0)-194(252)-*(0)-95(0)-121(44)
地震/どくどく/守る/身代わり

■ガルーラ@ガルーラナイト
ようき 181(4)-147(252)-100(0)-*-100(0)-156
おんがえし/地震/噛み砕く/猫だまし

■ファイアロー@こだわりハチマキ
いじっぱり 153(0)-146(252)-91(4)-*(0)-90(0)-178(252)
ブレイブバード/フレアドライブ/とんぼがえり/ねごと


グライオン、ゲンガーで削って竜舞バンギ、悪巧みルカリオで全抜きする、というのが構築のコンセプトとなっています。
まずこの構築はバンギラス、グライオン、ルカリオの3匹からスタート。そこに一貫するフェアリーに強く、また先に挙げた3匹だけだと安定しないギャラドス、ガブリアス、ヤドラン、マリルリ、グライオンなどにも強いゲンガーが入りました。
次にこの4匹だけだと不安の残るメガフシギバナ、ギャラドス、ロトム、マンムー等を強行突破できるメガガルーラが入り、最後にバシャーモ、キノガッサ、メガリザードン、他を上から叩けるファイアローを添えて完成、という流れになっています。
「バンギかルカリオのどちらかで全抜きできるかかどうか」を選出画面時に真っ先に考えます。


個別解説に入ります

■バンギラス@ラムのみ
248_0.gif

特性:すなおこし
性格:ようき
個体値:31-31-31-31-31-31
実数値:175-186-130-103-121-124
努力値:0-252-0-0-4-252
技構成:かみくだく/ストーンエッジ/こおりのキバ/竜の舞

ASぶっぱ。有利対面を作って竜の舞を積んで全抜きしてもらいます。
5世代と比べると舞ったバンギラスを止められるポケモンが環境にそこまでいないので選出しやすいです。
技構成ですが、竜の舞とタイプ一致で使える噛み砕く、ストーンエッジは確定で、余った1枠にはこおりのキバを採用しました。受けループに対してルカリオともに非常に強い駒として活躍してくれます。舞った後ならガブリアスにも勝てるという点も大きいです。

【選出率】2/7

■ルカリオ@ルカリオナイト
448_0.gif

特性:せいしんりょく(てきおうりょく)
性格:おくびょう
個体値:31-*-30-31-31-31 (めざパ氷理想個体)
実数値:145-*-90-167-91-156
努力値:0-0-0-252-4-252
技構成:波動弾/ラスターカノン/悪の波動/悪巧み

CSぶっぱのメガルカリオ。悪巧みを積んで全抜きを狙っていきます。
最初は 波動弾/ラスターカノン/めざパ氷/悪巧み という技構成で使っていたのですが、悪巧みを一度積んでしまえばめざ氷の役割対象であるガブリアスとグライオンがともにラスターカノン1発で落ちるためヤドラン、ギルガルド、シャンデラに刺さる悪の波動を採用しました。
物理型と違い、格闘と鋼の2タイプで強力なタイプ一致技を打てることが最大の強みだと思っています。
また、現環境では鬼火を採用しているポケモンが非常に多いため相手の読み外しに期待できたり、鬼火読みで(ほぼ)無償光臨させることができます。
積んでしまえば上から殴られさえしない限りほぼ全抜きる非常に強いポケモンです。
先制技が欲しくなることがとても多いですが、技スペがないため断念。

【選出率】5/7

■ゲンガー@黒いヘドロ
094_0.gif

特性:浮遊
性格:おくびょう
個体値:31-*-31-31-31-31
実数値:161-*-91-150-95-173
努力値:204-0-84-0-0-220
技構成:ヘドロばくだん/シャドーボール/おにび/みがわり

H:16n+1調整
B:いじっぱりガブのげきりんを高乱数(約70%)耐え
S:最速105族+1

従来のヘドロゲンガーのHB耐久は実数値155-93のラインで陽気ガブリアスの逆鱗を最高乱数で耐える程度でしたが、自分にはそれだと心もとないと感じたので、最速を切ることにより対ガブリアス性能を高めさせました。
すばやさはガブリアスを抜くついでにメガシンカ前のライボルト、ゾロアークあたりを抜ける実数値173にしました。
こいつで鬼火を入れることでグライオンで無理矢理嵌めることもでき、強力な勝ち筋となります。
先発性能が高く非常に使いやすいポケモンで気に入っています。
またこのパーティはメガリザードンXYともに重いため「リザを上から叩けるから」という理由だけでよく選出されています()

【選出率】4/7

■グライオン@どくどくだま
472_0.gif

特性:ポイズンヒール
性格:腕白
個体値:31-31-31-*-31-31
努力値:212-0-252-*-0-44
実数値:177-115-194-*-95-121
技構成:地震/どくどく/守る/身代わり

某有名強者さんの配分を丸パクり()したもの。
初手に投げて場を荒らしたり、どくみがまもで相手を嵌めたりします。
ギャラドスのこおりのキバ程度のなら身代わりを貼るHPを残せるくらい物理方面は硬く信頼できます。
環境にゲンガーが多く、出されると手も足も出ないのでつばめがえしが欲しくなることが多々あります。

【選出率】5/7

■ガルーラ@ガルーラナイト

115_0.gif

特性:きもったま(おやこあい)
性格:ようき
個体値:31-31-31-31-31-31
実数値:181-147-100-*-100-156
努力値:4-252-0-0-0-252
技構成:おんがえし/地震/噛み砕く/猫だまし

ASぶっぱ。ミラーと強気に打ち合えるように最速にしました。
意地っ張りでなくても火力不足だと感じたことはないので最速で良かったと思っています。
技としては便利な猫だまし、おんがえし、地震までは確定で、パーティ的に呼ぶゲンガーに刺さる噛み砕くを搭載しました。
おんがえしの火力がとにかく凄まじく上から殴ってるだけで雑魚は吹っ飛んでいきますw
ゲンガーと並んで先発性能が高めです。また相手のポケモンの中にリザードンが入っていたら高確率で初手に投げていきます。

【選出率】5/7

■ファイアロー@こだわりハチマキ
talonflame.gif
特性:はやてのつばさ
性格:いじっぱり
個体値:31-31-31-0-31-31
実数値:153-146-91-*-90-178
努力値:0-252-4-0-0-252
技構成:ブレイブバード/フレアドライブ/とんぼがえり/ねごと

ASぶっぱ。パーティ全体が弱いバシャーモ、キノガッサ、メガリザードンあたりを上から叩くために採用。
ただ、こいつを出すと勝てないので基本的に選出しません。ほぼ見せポケです。

【選出率】1/7


構築の詳細は以上です。
書き足りていない部分等見つかれば、また書き足していくかもしれないです。
何か意見等あればコメントやツイッター等でお願いします!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。